大川精螺工業株式会社
お問い合わせ サイトマップ English
会社案内
会社案内
ごあいさつ
会社概要
沿革
所在地
統合方針
海外拠点
タイ大川
オオカワ メヒカーナ
製品
自動車用部品
ブレーキホース継手金具
スタッドボルト
環境商品
LED照明/LEDソーラー街灯
その他加工製品
切削加工製品/塑性加工製品
設備
冷間設備
切削設備
溶着設備
検査設備
採用
採用情報
TOPページへ戻る
沿革
          
1934年 初代社長・大川 儀三郎が東京都港区芝白金三光町に個人経営の 大川螺子製作所を設立。
1943年 会社組織を株式会社に改組、大川精螺工業株式会社と改名する。
1945年 日産自動車(株)と取引き開始。
1951年 資本金70万円に増資。
1959年 通産省よりグリースニップルの日本工業規格表示許可工場(認可番号6594)の許可を受く。
1963年 資本金2,040万円に増資。
1964年 横浜工場新設、米国ウォーターベリー製パーツフォーマーを主体とした冷間加工の生産を開始。米国よりダベンポート多軸自動旋盤、西独よりシュッテ多軸自動旋盤を導入し、弱電用軸受等の生産を開始。
1965年 自動車用ブレーキホース口金具を新製造方法により生産開始。(製法特許)
1967年 大川留雄、社長に就任。横浜市港北区に第3工場を増設。米国ウォーターベリー製パーツフォーマーを導入。
1973年 茨城県那珂郡大宮町(現:常陸大宮市)に水戸工場(第1期工事)を新設。生産合理化のため水戸工場隣接地に姉妹会社東洋ブレーシング工業(株)を設立。
1977年 水戸工場(第2期工事)を増設。
1979年 本社を目黒から自由が丘へ移転。
1981年 スイス・ハテバー社製(AKP4−5型)パーツフォーマー導入により生産体制を強化。
1984年 スイス・ハテバー社製(AKP4−5型)パーツフォーマー導入。阪村社製(FR325型)を導入。
1985年 ブレーキホース継手金具ラインの増設により月産500万個体制となる。阪村社製ボルトフォーマーFR330型を導入。
1986年 阪村社製ボルトフォーマーFR325型を導入。
阪村社製ボルトフォーマーFR630型、530型を2台導入。
1988年 水戸工場オートデポシステムを導入。
1989年 資本金10,400万円に増資。
阪村社製ボルトフォーマーFR330型を導入。
スタッドボルト製造ライン増設により月産1300万個体制となる。
ブレーキホース継手金具製造ラインをアメリカへ技術供与。
タイ国バンコクにTHAI OKAWA CO.,LTD.設立。
1990年 阪村社製パーツフォーマーPF630型を導入。
1991年 ブレーキホース継手金具ラインの増設により月産800万個体制となる。
1992年 ブレーキホース継手金具製造ラインを韓国へ技術供与。
1994年 大川 留雄、相談役に就任。大川 克良、社長に就任。
1996年 本社を自由が丘から五反田へ移転。
1997年 米国の「ファスナー品質法=FQA」を取得。
2000年 ISO 9002:1994年版取得。
2003年 ISO 9001:2000年版取得。
資本金10,000万円に変更。
2005年 水戸工場 第三工場を増設。
ISO 14001:2004年版取得。
2007年 スタンダード&プアーズの日本SME格付け「aaa」を付与される。(2007年6月決算による)
2008年 スタンダード&プアーズの日本SME格付け「aaa」を付与される。(2008年6月決算による)
ISO 9001:2008年版取得。
2009年 THAI OKAWA CO.,LTDの工場をラヨン県に全面移転。
品川区エコグリーン事業所認定。チームマイナス6%活動参加。
ハテバー社製パーツフォーマーAKP4-6型を導入。
2011年 自社ブランドのLEDソーラー灯「トラストワン」を販売開始。
2012年 THAI OKAWA CO.,LTD 第2工場を増設。
メキシコ合衆国に、OKAWA MEXICANA,S.A.de C.V.設立。
2013年 OKAWA MEXICANA工場竣工。
2014年 OKAWA MEXICANA工場本稼働。
自社ブランドのLEDソーラー灯第2弾「トラストワン スリム」を販売開始。
2016年 OKAWA MEXICANA(1.5工事)増設。

ページTOPへ

Copyright (C) 2006-2014 Okawa Screw Manufacturing Co., Ltd. All Rights Reserved.